出展者ワークショップ

出展者ワークショップ 出展者ワークショップ

出展者が会場内で実施する技術セミナーです。
予約の有無については各出展者へ直接お問い合わせください。
※下記ワークショップは予告なしに時間・内容の変更、中止が生じる場合があります。

10月23日(水)
時間 場所 企業名 講師名 タイトル・内容
11:00~
11:40
第3会議室 イネイブル 営業
山本 直行

非接触/非破壊/高速 円筒内面形状測定システム

回転スキャナーが今まで測定できなかった内面に入り、非破壊・非接触・高速で測定が可能。最小1㎜からの円筒内面を、高速でデータ取得、加工誤差・傷・摩耗などの欠陥や形状寸法の幾何公差を測定。
第4会議室 枚岡合金工具 取締役 IT事業部長
高松 定信

場所の3S(整理・整頓・清掃)、モノの3S、そして情報の3Sへ

物探しのムダをなくすため、枚岡合金工具が20年以上にわたり徹底して取り組んだ3S活動(整理・整頓・清掃)。そこから発展させた、情報(書類・図面)探しのムダをなくす『情報の3S』についてお話しします。
13:00~
13:40
第3会議室 東京精密 Coordinate Measuring グループ
土屋 善紀

"ものづくり" を加速させる 計測用X線CT METROTOM

計測用X線CT METROTOMは、観察だけに留まらず、試作・検査工数の削減にも貢献します。 いかにしてMETROTOMがものづくりを加速させ、新しい価値を提供できるか実例を交えてご紹介します。
第4会議室 ジェービーエムエンジニアリング エンジニアリング部 部長
前田 弥生

製造業のメタボを斬る!~製造工程、コストのスリム化で体質改善を目指す~

内臓脂肪が多く生活習慣病予備軍。私たちはまさにその様な状況にあるのではないでしょうか。自覚症状がないからといって放置していてよいわけがなく、適切な対処が必要です。早期発見で体質改善に取り組みましょう!
14:00~
14:40
第3会議室 松本機械工業 営業部営業技術課長
今村 俊哉

工作機械周辺機器の省段取・自動段取替えご提案

人手不足がますます加速する日本のモノづくり。それに伴い、工作機械並びに工作機械周辺機器の省力化・省人化もまた加速中です。更なる発展・拡大へ向け、松本機械工業(株)の工作機械周辺機器をご提案します。
第4会議室 兼房 精密刃具事業部 係長
本田 直也

高能率を実現するダイヤ工具のご提案

ダイヤチップを超狭ピッチで配列した多刃仕様により、高速加工を実現する「多刃ダイヤフェースミル」や回転切削における切りくず分断と排出に効果的な「新三次元ブレーカ付ダイヤリーマ」をご紹介します。
15:00~
15:40
第3会議室 レニショー アプリケーション エンジニア
宇佐美 浩人

切削加工の生産性向上と高精度化ソリューション

効率の良いMC機内計測を導入することで、切削加工における生産性の向上と高精度化を実現させるソフトウェアとアプリケーション事例をご紹介します。
第4会議室 セイロジャパン システムエンジニア
村田 浩一

Cimatronによる楕円振動切削(へール加工)

楕円振動切削は主に、精密なレンズ金型を作成する場合に用いられてきました。この手法を用いて、CAD/CAMシステムCimatronにて多軸ヘール加工の軌跡を作成し、テスト加工を行った結果を紹介します。
16:00~
16:40
第3会議室 アマダマシンツール 研削部門研削商品・技術部研削実証加工グループリーダー
三谷 知範

UPシリーズによる研削加工の自動化提案

人手不足が叫ばれる中、研削加工のお客様における直近最大の課題である自動化に早くから対応してきたアマダマシンツールがご提案する研削盤新シリーズ「UP」の機能をご紹介いたします。
10月24日(木)
時間 場所 企業名 講師名 タイトル・内容
11:00~
11:40
第3会議室 三菱電機 名古屋製作所 放電製造部

次世代自動車関連で変化する金型製作に対応した最新放電加工機のご紹介

次世代自動車関連金型に求められる「高板厚変化ワークの高精度加工」「治具研削レスによる生産性向上」など、弊社が取組む最新事例をご紹介いたします。
第4会議室 日研工作所 中野 雄平

ツールプリセッタと工具管理システム

最近の製造現場ではIoTの流行でネットワーク化が急激に進んでいます。本セミナーではツールプリセッタで測定した工具データをネットワークとQRコードを用いて経済的に管理するeTOPシステムを紹介します。
13:00~
13:40
第3会議室 倉敷機械 名古屋営業所員
片岡 寛幸

難削材の深彫り加工機が進化する

出展機台KZM-14Rの主軸は、ギアボックス採用により剛性が高く、一般マシニングセンタ比約3倍の穴あけ効率を実現。金型で使用される難削材の深彫り加工と深穴加工のリードタイムの短縮が可能となることを紹介。
第4会議室 ベッコフオートメーション ソリューション・アプリケーション・エンジニア
高口 順一

オープンなCNCによる工作機械の高速モニタリングとフィードバック

ブラックボックス化されたCNCからオープンなCNCへ。「工作機械の中で起きていることを正確に知り、その制御処理を変更できる」という未来の工作機械の一つの姿の実現事例を紹介します。
14:00~
14:40
第3会議室 ブルー・スターR&D 柴野 佳英

世界に広がる超音波バリ取り洗浄

超音波バリ取り洗浄が、急速に世界に普及しつつあります。金属、プラスチック、セラミックスの加工バリ、成形バリを強力な超音波でバリ取り、洗浄、そして条件により研磨も行える全く新しいバリ取り技術。
第4会議室 三菱日立ツール GCS センター長補佐
城戸 好信

金型加工における加工改善方法と新製品のご紹介

金型づくり環境が変化する中、働き方改革で就業時間内での金型製作、熟練者不足による磨き時間増加など、加工方法の見直しが必要です。この問題をHi-Pre2を中心に金型加工の改善事例を具体的にご紹介します。
15:00~
15:40
第3会議室 GFマシニングソリューションズ ビジネス開発部 営業課長
添田 浩史

GFMSが取り組む量産化対応の金属3Dプリンタ

Additive Mfgの金属3Dプリンタは、試作品製作の用途から少量産への移行を視野に技術開発が進んでおります。弊社GFMSが取り組む量産化対応の金属3Dプリンタをご紹介させて頂きます。
第4会議室 セイロジャパン 係長
大瀬戸 隆之

脱!にわか職人 
GO2camで部品加工効率アップのご提案

にわか職人の技術をデータ化し、ソフトにいれることで、誰でも簡単にものづくりができるようになります。その仕組みをご提案いたします。
16:00~
16:40
第3会議室 カールツァイス テクニカルセールス X-Ray
遠藤 廉

ZEISS自動車まるごと測定ソリューション

自動車製造全般に貢献するZEISS測定ソリューションのご紹介。
第4会議室 ダイジェット工業 技術室 ST工具開発技術課 主任
阿蘇品 茂史

高能率切削加工を追求するDIJETの最新工具

金型及び部品加工において、干渉物を考慮した座面への高能率穴加工を行うTAタイラーモジュラーヘッドの紹介。高能率・高精度な肩削り加工が可能なショルダーエクストリームの多機能加工による実例紹介。
10月25日(金)
時間 場所 企業名 講師名 タイトル・内容
11:00~
11:40
第3会議室 ユニオンツール EM工具開発課 係長
高松 学

高硬度材における高能率・長寿命・加工面粗さ改善例のご紹介

高硬度金型材においての長寿命化を実現したHGBシリーズ、従来工具では成しえなかった良好な加工面粗さを実現するCBNシリーズを中心に、皆さまの加工に役立つ最新工具について事例を交えてご紹介致します。
第4会議室 モアソンジャパン ソリューション事業部 事業部長
鍵谷 郷

クラウドベースのIoTプラットフォームによるCNCの可視化

シーメンスのクラウドベースのIoT基盤「MindSphere」上で、私たちのDNCノウハウを移管したアプリケーションを開発しました。現場の工作機械をクラウドに接続し、データ収集・可視化を実現します。
13:00~
13:40
第3会議室 THK 係長
猪子 開士

デジタルツールを活用した予兆保全

・LMガイドが壊れる前に交換したい・グリース給油のタイミングがわからない・無駄な予備品を持ちたくない THKセンシング技術はお客様のこんな声にお応えする次世代ツールです!
第4会議室 アマダオリイ 副ブロック長
山本 一

株式会社SUBARU様と共同で取り組んだ中空部品の新冷間鍛造工法の開発

中空材の中心に液体を注入し、内圧を利用しヘリカルギアを成形する冷鍛加工技術を、株式会社SUBARU様と共同で開発に取り組み、共同特許を取得しました。その開発ストーリーや工法の詳細について紹介します。
14:00~
14:40
第3会議室 トクピ製作所 営業1課 課長
関本 昌利

機械加工の無人化を阻害する「切り屑」の攻略

超高圧クーラント装置による機械加工の自動化について、最大の阻害要因である「切り屑」の攻略を中心に、工具摩耗の低減から加工条件の向上例まで、そして実際の工作機械の接続方法と留意点を解説致します。
第4会議室 アメテック アプリケーションズ・マネジャー
積田 慎吾

テーラーホブソンの最新測定機PGI NOVUS他の御紹介

2月に開催し好評を頂いた最新測定機のご紹介です。フォームタリサーフPGI NOVUSは新ソフトと新開発ゲージを持ちナノオーダーのCMMの様に使えます。他にも最新の非接触真円度等もご紹介します。
15:00~
15:40
第3会議室 ユーロテクノ 営業
藤田 篤

万能型非接触三次元測定機による立壁や穴内径の測定

最新型の万能型非接触三次元測定機により、測定解析が不可能と思われていた90度の立壁や穴の内径を測定解析することが可能となりました。実例をもって紹介します。
第4会議室 SMC 課長
田中 晃

ロボットシステムのスマート化 -空気圧で提案する小型・軽量化・省配線-

ロボットに搭載する空気圧システム先端ツールの小型・軽量・省配線について、機器の紹介と効率的な使用方法を提案。
16:00~
16:40
第3会議室 サンドビック デジタル加工製品担当
河田 洋一

サンドビック・コロマントのデジタル加工

サンドビックコロマントでは、デジタルソリューションCoroPlus(コロプラス)を展開しています。切削工具メーカーが提案する、IoT時代のデジタル加工ソリューションをご紹介します。
第4会議室 第一測範製作所 名古屋営業所
下野 学

ゲージのMIRAI ねじゲージをかえる!

メートルねじを旧規格から新規格へ「かえる」、ねじ検査を自動に「かえる」、をテーマに、ねじ用語や新・旧規格の違いを解説。また、今まで手で行っていたタップ穴検査を自動で行う「タップ穴自動検査装置」を紹介。
17:00~
17:40
第3会議室 ソフィックス 課長
京野 義郎

どんな機械でもつなぐ「Σテクノロジー」

IoT時代到来の中、ソフィックスが提唱する「Σテクノロジー」ならびに、つなぐ機器「SofixcanΩeye」の紹介。これらの技術を使った「ものづくり全自動化」へ向けた当社の取組みを紹介します。
第4会議室 牧野フライス製作所

脆性材加工への取組

脆性材を高能率で加工するためのマキノの取組をご紹介します。・マシニングによるセラミック加工・レーザー加工機による脆性材加工など
10月26日(土)
時間 場所 企業名 講師名 タイトル・内容
11:00~
11:40
第3会議室 不二越 工具事業部 技術部 ラウンドツール技術開発室 チーフ
松本 克洋

ものづくりの世界に革命を起こすアクアREVOシリーズ新商品のご紹介

昨年、鮮烈なデビューを果たした「アクアREVOシリーズ」に待望の新商品を追加。詳細をご紹介いたします。加工に関わる様々な困りごとを「加工(技術)提案」と「豊富な商品ラインナップ」で解決へ導きます。
第4会議室 マパール 営業部長
パトリックファービー

工具の世界にとどまらない究極のメカニズム
~マパールのアクチュエーティングツール(モーションツール)のご紹介~

今や様々な業界で必要とされるアクチュエーティングツール(刃先駆動工具)。セミナーでは、マパールの多彩な内部機構について、インプット(入力側)とアウトプット(出力側)という側面から解説する。セミナーでは、マパールの多彩な内部機構について、インプット(入力側)とアウトプット(出力側)という側面から解説する。
13:00~
13:40
第3会議室 DMG森精機 グループ長
小田 陽平

DMG MORIアディティブマニュファクチャリングソリューション

弊社ラインナップ、パウダーノズルタイプ、パウダーベットタイプの特徴、と加工事例をご紹介いたします。また、最適造形パラメータを自動で算出できるソフトウェア、OPTOMETもご紹介いたします。
14:00~
14:40
第3会議室 C&Gシステムズ 技術
井上 真由美

CAM-TOOL V15.1最新機能のご紹介

最新バージョン(CAM-TOOL V15.1)から実装された新機能から、厳選したお役立ち情報・機能を最新事例を交えてご紹介する予定です。
第4会議室 ランプグループジャパン Divison Manager
安永 昌史

ミネラルキャスティング/高機能構造体

ミネラルキャスティングは、これからの工作機械に欠かせない高機能かつエコロジーな構造材料として脚光を浴びています。40年以上の歴史と経験を持つRAMPFグループが、その特徴と優位点をご紹介します。
15:00~
15:40
第3会議室 ブルーム-ノボテスト 営業技術部 マネージャー
加藤 力也

工具刃先の見える化とその先へ!ブルームの次世代機上工具測定機とPCソフトウェアの活用が良品加工へ近道

劣悪な加工環境下で機上測定を実現するための最新技術をハードウェアとソフトウェアの両面から御紹介します。工具刃先の振れ、摩耗、形状測定と測定結果の見える化を提案、診断機能により保全性の向上を支援します。
第4会議室 GFマシニングソリューションズ ビジネス開発部 
レーザ

GFMSが取り組むレーザ・テクスチャリング加工技術

アジエシャルミー製の5軸レーザテクスチャ加工機の新製品や最新の動向・豊富な導入実績の中から日本国内のお客様にも役立てて頂けそうな導入事例などをご紹介させて頂きます。

10月23日(水)

非接触/非破壊/高速 円筒内面形状測定システム

回転スキャナーが今まで測定できなかった内面に入り、非破壊・非接触・高速で測定が可能。最小1㎜からの円筒内面を、高速でデータ取得、加工誤差・傷・摩耗などの欠陥や形状寸法の幾何公差を測定。

時間
11:00~11:40

場所
第3会議室

企業名
イネイブル

講師名
営業
山本 直行

場所の3S(整理・整頓・清掃)、モノの3S、そして情報の3Sへ

物探しのムダをなくすため、枚岡合金工具が20年以上にわたり徹底して取り組んだ3S活動(整理・整頓・清掃)。そこから発展させた、情報(書類・図面)探しのムダをなくす『情報の3S』についてお話しします。

時間
11:00~11:40

場所
第4会議室

企業名
枚岡合金工具

講師名
取締役 IT事業部長
高松 定信

"ものづくり"を加速させる 計測用X線CT METROTOM

計測用X線CT METROTOMは、観察だけに留まらず、試作・検査工数の削減にも貢献します。 いかにしてMETROTOMがものづくりを加速させ、新しい価値を提供できるか実例を交えてご紹介します。

時間
13:00~13:40

場所
第3会議室

企業名
東京精密

講師名
Coordinate Measuring グループ
土屋 善紀

製造業のメタボを斬る!~製造工程、コストのスリム化で体質改善を目指す~

内臓脂肪が多く生活習慣病予備軍。私たちはまさにその様な状況にあるのではないでしょうか。自覚症状がないからといって放置していてよいわけがなく、適切な対処が必要です。早期発見で体質改善に取り組みましょう!

時間
13:00~13:40

場所
第4会議室

企業名
ジェービーエムエンジニアリング

講師名
エンジニアリング部 部長
前田 弥生

工作機械周辺機器の省段取・自動段取替えご提案

人手不足がますます加速する日本のモノづくり。それに伴い、工作機械並びに工作機械周辺機器の省力化・省人化もまた加速中です。更なる発展・拡大へ向け、松本機械工業(株)の工作機械周辺機器をご提案します。

時間
14:00~14:40

場所
第3会議室

企業名
松本機械工業

講師名
営業部営業技術課長
今村 俊哉

高能率を実現するダイヤ工具のご提案

ダイヤチップを超狭ピッチで配列した多刃仕様により、高速加工を実現する「多刃ダイヤフェースミル」や回転切削における切りくず分断と排出に効果的な「新三次元ブレーカ付ダイヤリーマ」をご紹介します。

時間
14:00~14:40

場所
第4会議室

企業名
兼房

講師名
精密刃具事業部 係長
本田 直也

切削加工の生産性向上と高精度化ソリューション

効率の良いMC機内計測を導入することで、切削加工における生産性の向上と高精度化を実現させるソフトウェアとアプリケーション事例をご紹介します。

時間
15:00~15:40

場所
第3会議室

企業名
レニショー

講師名
アプリケーション エンジニア
宇佐美 浩人

Cimatronによる楕円振動切削(へール加工)

楕円振動切削は主に、精密なレンズ金型を作成する場合に用いられてきました。この手法を用いて、CAD/CAMシステムCimatronにて多軸ヘール加工の軌跡を作成し、テスト加工を行った結果を紹介します。

時間
15:00~15:40

場所
第4会議室

企業名
セイロジャパン

講師名
システムエンジニア
村田 浩一

UPシリーズによる研削加工の自動化提案

人手不足が叫ばれる中、研削加工のお客様における直近最大の課題である自動化に早くから対応してきたアマダマシンツールがご提案する研削盤新シリーズ「UP」の機能をご紹介いたします。

時間
16:00~16:40

場所
第3会議室

企業名
アマダマシンツール

講師名
研削部門研削商品・技術部研削実証加工グループリーダー
三谷 知範

10月24日(木)

次世代自動車関連で変化する金型製作に対応した最新放電加工機のご紹介

次世代自動車関連金型に求められる「高板厚変化ワークの高精度加工」「治具研削レスによる生産性向上」など、弊社が取組む最新事例をご紹介いたします。

時間
11:00~11:40

場所
第3会議室

企業名
三菱電機

講師名
名古屋製作所 放電製造部

ツールプリセッタと工具管理システム

最近の製造現場ではIoTの流行でネットワーク化が急激に進んでいます。本セミナーではツールプリセッタで測定した工具データをネットワークとQRコードを用いて経済的に管理するeTOPシステムを紹介します。

時間
11:00~11:40

場所
第4会議室

企業名
日研工作所

講師名
中野 雄平

難削材の深彫り加工機が進化する

出展機台KZM-14Rの主軸は、ギアボックス採用により剛性が高く、一般マシニングセンタ比約3倍の穴あけ効率を実現。金型で使用される難削材の深彫り加工と深穴加工のリードタイムの短縮が可能となることを紹介。

時間
13:00~13:40

場所
第3会議室

企業名
倉敷機械

講師名
名古屋営業所員
片岡 寛幸

オープンなCNCによる工作機械の高速モニタリングとフィードバック

ブラックボックス化されたCNCからオープンなCNCへ。「工作機械の中で起きていることを正確に知り、その制御処理を変更できる」という未来の工作機械の一つの姿の実現事例を紹介します。

時間
13:00~13:40

場所
第4会議室

企業名
ベッコフオートメーション

講師名
ソリューション・アプリケーション・エンジニア
高口 順一

世界に広がる超音波バリ取り洗浄

超音波バリ取り洗浄が、急速に世界に普及しつつあります。金属、プラスチック、セラミックスの加工バリ、成形バリを強力な超音波でバリ取り、洗浄、そして条件により研磨も行える全く新しいバリ取り技術。

時間
14:00~14:40

場所
第3会議室

企業名
ブルー・スターR&D

講師名
柴野 佳英

金型加工における加工改善方法と新製品のご紹介

金型づくり環境が変化する中、働き方改革で就業時間内での金型製作、熟練者不足による磨き時間増加など、加工方法の見直しが必要です。この問題をHi-Pre2を中心に金型加工の改善事例を具体的にご紹介します。

時間
14:00~14:40

場所
第4会議室

企業名
三菱日立ツール

講師名
GCS センター長補佐
城戸 好信

GFMSが取り組む量産化対応の金属3Dプリンタ

Additive Mfgの金属3Dプリンタは、試作品製作の用途から少量産への移行を視野に技術開発が進んでおります。弊社GFMSが取り組む量産化対応の金属3Dプリンタをご紹介させて頂きます。

時間
15:00~15:40

場所
第3会議室

企業名
GFマシニングソリューションズ

講師名
ビジネス開発部 営業課長
添田 浩史

脱!にわか職人 GO2camで部品加工効率アップのご提案

にわか職人の技術をデータ化し、ソフトにいれることで、誰でも簡単にものづくりができるようになります。その仕組みをご提案いたします。

時間
15:00~15:40

場所
第4会議室

企業名
セイロジャパン

講師名
係長
大瀬戸 隆之

ZEISS自動車まるごと測定ソリューション

自動車製造全般に貢献するZEISS測定ソリューションのご紹介。

時間
16:00~16:40

場所
第3会議室

企業名
カールツァイス

講師名
テクニカルセールス X-Ray
遠藤 廉

高能率切削加工を追求するDIJETの最新工具

金型及び部品加工において、干渉物を考慮した座面への高能率穴加工を行うTAタイラーモジュラーヘッドの紹介。高能率・高精度な肩削り加工が可能なショルダーエクストリームの多機能加工による実例紹介。

時間
16:00~16:40

場所
第4会議室

企業名
ダイジェット工業

講師名
技術室 ST工具開発技術課 主任
阿蘇品 茂史

10月25日(金)

高硬度材における高能率・長寿命・加工面粗さ改善例のご紹介

高硬度金型材においての長寿命化を実現したHGBシリーズ、従来工具では成しえなかった良好な加工面粗さを実現するCBNシリーズを中心に、皆さまの加工に役立つ最新工具について事例を交えてご紹介致します。

時間
11:00~11:40

場所
第3会議室

企業名
ユニオンツール

講師名
EM工具開発課 係長
高松 学

クラウドベースのIoTプラットフォームによるCNCの可視化

シーメンスのクラウドベースのIoT基盤「MindSphere」上で、私たちのDNCノウハウを移管したアプリケーションを開発しました。現場の工作機械をクラウドに接続し、データ収集・可視化を実現します。

時間
11:00~11:40

場所
第4会議室

企業名
モアソンジャパン

講師名
ソリューション事業部 事業部長
鍵谷 郷

デジタルツールを活用した予兆保全

・LMガイドが壊れる前に交換したい・グリース給油のタイミングがわからない・無駄な予備品を持ちたくない THKセンシング技術はお客様のこんな声にお応えする次世代ツールです!

時間
13:00~13:40

場所
第3会議室

企業名
THK

講師名
係長
猪子 開士

株式会社SUBARU様と共同で取り組んだ中空部品の新冷間鍛造工法の開発

中空材の中心に液体を注入し、内圧を利用しヘリカルギアを成形する冷鍛加工技術を、株式会社SUBARU様と共同で開発に取り組み、共同特許を取得しました。その開発ストーリーや工法の詳細について紹介します。

時間
13:00~13:40

場所
第4会議室

企業名
アマダオリイ

講師名
副ブロック長
山本 一

機械加工の無人化を阻害する「切り屑」の攻略

超高圧クーラント装置による機械加工の自動化について、最大の阻害要因である「切り屑」の攻略を中心に、工具摩耗の低減から加工条件の向上例まで、そして実際の工作機械の接続方法と留意点を解説致します。

時間
14:00~14:40

場所
第3会議室

企業名
トクピ製作所

講師名
営業1課 課長
関本 昌利

テーラーホブソンの最新測定機PGI NOVUS他の御紹介

2月に開催し好評を頂いた最新測定機のご紹介です。フォームタリサーフPGI NOVUSは新ソフトと新開発ゲージを持ちナノオーダーのCMMの様に使えます。他にも最新の非接触真円度等もご紹介します。

時間
14:00~14:40

場所
第4会議室

企業名
アメテック

講師名
アプリケーションズ・マネジャー
積田 慎吾

万能型非接触三次元測定機による立壁や穴内径の測定

最新型の万能型非接触三次元測定機により、測定解析が不可能と思われていた90度の立壁や穴の内径を測定解析することが可能となりました。実例をもって紹介します。

時間
15:00~15:40

場所
第3会議室

企業名
ユーロテクノ

講師名
営業
藤田 篤

ロボットシステムのスマート化 -空気圧で提案する小型・軽量化・省配線-

ロボットに搭載する空気圧システム先端ツールの小型・軽量・省配線について、機器の紹介と効率的な使用方法を提案。

時間
15:00~15:40

場所
第4会議室

企業名
SMC

講師名
課長
田中 晃

サンドビック・コロマントのデジタル加工

サンドビックコロマントでは、デジタルソリューションCoroPlus(コロプラス)を展開しています。切削工具メーカーが提案する、IoT時代のデジタル加工ソリューションをご紹介します。

時間
16:00~16:40

場所
第3会議室

企業名
サンドビック

講師名
デジタル加工製品担当
河田 洋一

ゲージのMIRAI ねじゲージをかえる!

メートルねじを旧規格から新規格へ「かえる」、ねじ検査を自動に「かえる」、をテーマに、ねじ用語や新・旧規格の違いを解説。また、今まで手で行っていたタップ穴検査を自動で行う「タップ穴自動検査装置」を紹介。

時間
16:00~16:40

場所
第4会議室

企業名
第一測範製作所

講師名
名古屋営業所
下野 学

どんな機械でもつなぐ「Σテクノロジー」

IoT時代到来の中、ソフィックスが提唱する「Σテクノロジー」ならびに、つなぐ機器「SofixcanΩeye」の紹介。これらの技術を使った「ものづくり全自動化」へ向けた当社の取組みを紹介します。

時間
17:00~17:40

場所
第3会議室

企業名
ソフィックス

講師名
課長
京野 義郎

脆性材加工への取組

脆性材を高能率で加工するためのマキノの取組をご紹介します。・マシニングによるセラミック加工・レーザー加工機による脆性材加工など

時間
17:00~17:40

場所
第4会議室

企業名
牧野フライス製作所

10月26日(土)

ものづくりの世界に革命を起こすアクアREVOシリーズ新商品のご紹介

昨年、鮮烈なデビューを果たした「アクアREVOシリーズ」に待望の新商品を追加。詳細をご紹介いたします。加工に関わる様々な困りごとを「加工(技術)提案」と「豊富な商品ラインナップ」で解決へ導きます。

時間
11:00~11:40

場所
第3会議室

企業名
不二越

講師名
工具事業部 技術部 ラウンドツール技術開発室 チーフ
松本 克洋

工具の世界にとどまらない究極のメカニズム~マパールのアクチュエーティングツール(モーションツール)のご紹介~

今や様々な業界で必要とされるアクチュエーティングツール(刃先駆動工具)。セミナーでは、マパールの多彩な内部機構について、インプット(入力側)とアウトプット(出力側)という側面から解説する。セミナーでは、マパールの多彩な内部機構について、インプット(入力側)とアウトプット(出力側)という側面から解説する。

時間
11:00~11:40

場所
第4会議室

企業名
マパール

講師名
営業部長
パトリックファービー

DMG MORIアディティブマニュファクチャリングソリューション

弊社ラインナップ、パウダーノズルタイプ、パウダーベットタイプの特徴、と加工事例をご紹介いたします。また、最適造形パラメータを自動で算出できるソフトウェア、OPTOMETもご紹介いたします。

時間
13:00~13:40

場所
第3会議室

企業名
DMG森精機

講師名
グループ長
小田 陽平

CAM-TOOL V15.1最新機能のご紹介

最新バージョン(CAM-TOOL V15.1)から実装された新機能から、厳選したお役立ち情報・機能を最新事例を交えてご紹介する予定です。

時間
14:00~14:40

場所
第3会議室

企業名
C&Gシステムズ

講師名
技術
井上 真由美

ミネラルキャスティング/高機能構造体

ミネラルキャスティングは、これからの工作機械に欠かせない高機能かつエコロジーな構造材料として脚光を浴びています。40年以上の歴史と経験を持つRAMPFグループが、その特徴と優位点をご紹介します。

時間
14:00~14:40

場所
第4会議室

企業名
ランプグループジャパン

講師名
Divison Manager
安永 昌史

工具刃先の見える化とその先へ!ブルームの次世代機上工具測定機とPCソフトウェアの活用が良品加工へ近道

劣悪な加工環境下で機上測定を実現するための最新技術をハードウェアとソフトウェアの両面から御紹介します。工具刃先の振れ、摩耗、形状測定と測定結果の見える化を提案、診断機能により保全性の向上を支援します。

時間
15:00~15:40

場所
第3会議室

企業名
ブルーム-ノボテスト

講師名
営業技術部 マネージャー
加藤 力也

GFMSが取り組むレーザ・テクスチャリング加工技術

アジエシャルミー製の5軸レーザテクスチャ加工機の新製品や最新の動向・豊富な導入実績の中から日本国内のお客様にも役立てて頂けそうな導入事例などをご紹介させて頂きます。

時間
15:00~15:40

場所
第4会議室

企業名
GFマシニングソリューションズ

講師名
ビジネス開発部 レーザ